ブリッジブレーカー 紛体用ロータリーバルブ(サニタリー式) ダイバータ バルブ エア アクチュエーター ロストワックス 流量計(水量計)|エイクル株式会社

ブリッジブレーカー,ロータリーバルブ,(サニタリー式),ダイバータバルブ,エアアクチュエーター,ロストワックス,水量計(流量計)

紛体用 ロータリーバルブ (サニタリー式)

紛体用 ロータリーバルブ (サニタリー式)

紛体用 ロータリーバルブ サニタリー式
この動画はロータがケーシングに接触すると 制御装置(OPTION)により、自動的に運転を停止することを示します。 高差圧(40KPa)や、食品や薬品用の絶対的な安全管理にお勧めです。
  •  サニタリーロータリーバルブは片持支持のため軸受の摩耗で支持軸が傾き接触事故が生じます。
    本製品は全荷重がバルブ中央に配置された軸受で受けられているため、支持軸が傾きません。
    ロータ上下の最大許容差圧は実績で40KPaと大きく、空気輸送用でも安全です。
    ロータと回転軸の嵌合をテーパ式として接触事故のもととなる隙間(ガタ)をなくしました。
    軸とパッキングの摩耗によるコンタミを、非接触シールリングとパージガスで防止します。
    玉軸受の内部油漏防止のため、パージガスは軸受前後が等圧力となるよう供給されます。
    さらにオイルシールで二重に軸受の内部油漏れを防止します。材質はすべてSUS。
    従来のロータリーバルブ (サニタリー式) よりはるかに安全で信頼できるバルブです。
    定価 150A 48万円、200A 56万円、250A 70万円  150Aは即納可

  • サニタリーロータリーバルブ

    [当社ロータリーバルブ サニタリー式の特徴]
    1. 高差圧に対応可能 実績 40KPa.
    2.米国食品機械規格NSF/ANSI8対応(モータ側カバ引出可等)
    3. ロータ位置は微調整装置付 分解再組立時も芯出し不要
    4. ロストワックス鋳物製で巣穴やピンホール等内部欠陥皆無
    5. 軸シールのエアパージを標準装備
    6. ロータとケースの隙間 0.2±0.05mm  0.15mmも可能
    7. ロータ底部は50Rで粉離れ良好
    8. 接粉部はバフ#600、外部表面は電解研磨
    9. リーズナブルな価格

  • サニタリーロータリーバルブ

    【ロータリーバルブ サニタリー式実績】
     食品用 三友機器 茶葉用  豊製作所 米粉用
         赤武エンジニアリング 高差圧40KPa
     化学用 東洋ハイテック 高差圧  昌運工業 高分子凝集剤
    【仕様】
     許容圧力  0.97 MPa    許容差圧40 KPa
     モータ容量 0.2/0.25/0.4 kw
     口径    150A   200A   250A
     ロータ容量 3 L/rev  5.7 L/rev 9.1 L/rev   表面 接粉部バフ#600 外面電解研磨
     オプション ドアセンサー 警報制御盤

  • サニタリーロータリーバルブ

    ロータを含む本体はロストワックスによるSUS鋳物製。
    携帯電話の部品も作る高い技術で巣穴は全くありません。
    ポケットの底部コーナーはR50の曲率面となっており
    バフを完全なものにして表面を円滑にできます。
    このため紛体が付着せず、ポケット内に残りにくい。
    テフロンコーティングも、施工しやすく剥れにくいです。

  • サニタリーロータリーバルブ

    ロータがケースに接触すると運転を自動停止させ警報を出す
    制御盤です。高差圧や高温度条件での安全を確保できます。
    ドア開時にはモータ停止とするインターロックも可能です。
    制御電流は0.5mA(DC)12Vでプロパンガス中でも着火しません。
    世界的には独コペリオン社なども採用しコンタミ防止の為の
    究極の安全策として必須のアイテムになりつつあります。
    サイズは17X16X12cmで機械側部に設置は容易です。

サニタリーロータリーバルブ

  • サニタリーロータリーバルブ

    特殊ロータリーバルブ
    茶葉は水分を含み粘着性があります。
    この為、ローター内壁に付着し排出不能となります。
    この問題の解決の為、ケースとローターを特殊形状とし
    さらに特殊コーティングを施したサニタリーロータリーバルブを
    2014年に三友機器殿/伊藤園殿に納入しました。
    現在も稼働中です。

CAD図面ダウンロードは、こちらをクリックして下さい。
メールでのお問い合わせは、こちらをクリックして下さい。
このページのトップへ